止まるまで疾走れ!!

ようこそ、当blogはGoogle Chromeに最適化されています。


どうしてもってわけじゃない。自作ハイスロ57円也!!







2016年10月も最後の日曜日。。
なかなかの行楽日和でしたね~。

毎年10月最終日曜日と言えば
写真: IMG_5215 RID'Z MTG 
Z750S OC「RID'Z」全国ミーティングin浜名湖

そして写真: IMG_5237 うな丼なんですが・・・・

せっかくUP塾長からお誘いいただいたのに・・・
中途半端にお仕事入って、参加断念 (;´д`)トホホ…

残念でした。

そのお仕事も午前中で終わったので、午後から走りに行こうかと
思ったのですが、なんだかテンション上がらない。


ってコトで

どうしても必要ってわけじゃないのですが
何となくやってみたかったチョイカスタム (。・ω・)ゞ


我が愛車 ZZR1400
写真: ノーマル 全閉ー全開
フルで開けるにはこのくらいの開度。。
でも握りなおさないと俺の手首では開けきれない。

さすがのメガスポーツは、圧倒的な動力性能で
アクセルをフルに開けるなんてことはめったにない。。
そしてその必要もそれほど感じない。。

まっ、ビビリミッターが高性能ってコトもあるけど '`,、('∀`) '`,、

でも、開けきれないって状況はツマランので
ハイスロには興味があった。

 

でもね~それほどの必然性も感じていないのに
結構いいお値段するんだよね ヘ(-′д`-)ゝ



ながながと引っ張りましたが、こっから自作ネタです。

掛かった費用は57円ポッキリでした。


ZZR1400ノーマルでのスロットルパイプの巻取り径は
写真: ノーマル 巻取り径Φ36.6mm
36.6mm 上の画像の通り開度は約73度。
グリップ根本をΦ45mmとすると回転距離は約27.5mmでした。
俺の一気に開けれる回転距離は約25mmでちと足らん ε=(‐ω‐;

で自作ハイスロに使う資材は塩ビ配管(外径Φ40mm)
写真: 塩ビ配管 外径Φ40mm内径Φ32.4mm 57円
長さ10cmほどの継配管でお値段57円(税込)

これをスロットルパイプに合わせて幅7mmでカット。
写真: 7mmに切って
内径が32.4mmしかないし、厚みが4mmくらいあるので
ナイフや紙やすりなんかを使ってシコシコと加工。。
写真: 削って加工
現物合わせしながら微調整して

写真: スロットルパイプに嵌めこんで
スロットルパイプに嵌めこむ(両面テープで固定)
写真: 巻取り径Φ41.4mm
完成です ヾ(´^ω^)ノ♪ 巻取り径は約41.4mm。。

スロットルワイヤーの遊びを調整しつつ取付。。
ZZR1400のノーマルアクセルボディはなかなか懐が深い。
41.4mmなら干渉することなく取付可能でした v('-^*)


では試運転。。  ε=ε=(((((((( *・`ω・)っ

41.4mmだと 開度は約62度 回転距離 約24.3mm
思いっきり開けてちょうどカチっと全開。
ちょっと敏感かな~とは思ったけど慣れたら
それほどでもなさそう。

いつでも戻せるのでしばらくこのままでいってみます。


エンジン音が今までと全然違って聞こえるのは
ガスケット交換によるんだろうな。
アクセルの反応が良くなったコトに加えエンジンの
調子が良く感じられるので非常に気持ち良いです。

ああ、ツーリング行きたい ε=(。・д・。)フー
写真: IMG_8764 気持ち良いですね


そうそう、まいどまいどの良い子のお約束です。

当blogに掲載されているyoshの諸々の自作や自家メンテ&カスタムについて
まったくの素人による自己責任作業です。
当blogを参考にする場合は、皆さんの自己責任にて行ってください。
その内容・結果について当方では責任を負いかねますのでご了解ください。









関連記事
       

                     blogRankingに参加してます。
               
             応援ポチお願いします フレーヾ(゚ー゚ゞ)( 尸ー゚)尸_フレ- 大喜びしますゾ~



Latest